上杉家の武将「戦国時代 Information」

上杉家の武将

上杉家に仕えた武将達

上杉家とはこの時代であれば、本来、関東管領の職にあるものが名乗る姓でした。
上杉と言えば、上杉謙信の名が第一にあがると思いますが、上杉謙信は元々の名を長尾景虎といい、長尾家の人間でした。その後、関東管領職に就く事になり、上杉姓を名乗るようになったのです。
武田家などの武将に比べると上杉家の武将はあまり有名ではありませんが、謙信以外にも上杉家には優秀な武将達が沢山、揃っていました。
ここではその中でも活躍が目覚しい武将を中心にご紹介していきたいと思います。

上杉家

ここでは謙信以降の上杉家の武将を中心に跡目を継いだ上杉景勝など、有名な武将をご紹介していきたいと思います。

直江家

直江家には「直江景綱」をはじめ、様々なメディアの影響で大変、知名度がある「直江兼続」がいます。代々、上杉家を支えてきた家系で上杉家にとっては大変、信頼の厚い一族だと言えます。

宇佐美家

上杉家の頭脳であり、軍師としても有名な「宇佐美定満」を排出したのが宇佐美家です。しかし、実際にはその活躍は架空のものであったとの説もあります。

柿崎家

柿崎家には上杉家、随一の猛将で多くの勲功のあった「柿崎景家」がいます。その力は謙信からも高く評価され、信任の厚かった景家ですが、最終的には内通を疑われ、奇しくもこの敵の謀略によって柿崎家は終わりを告げる事になります。

小島家

鬼小島の異名を持つ、勇猛果敢で名を馳せた小島彌太郎がこの小島家では最も有名な武将だと言えるでしょう。彌太郎はその豪胆さから近隣の豪族からも恐れられたと伝えられています。

色部家

先代である長尾為景の代から臣属した一族であり、特に「色部勝長」は謙信の信頼も厚かったといわれています。また、その武勇においても猛将の多い上杉家の中においても他に引けをとらないものでした。
アクセスランキング TOP10