豊臣家の武将「戦国時代 Information」

豊臣家の武将

豊臣家に仕えた武将達

豊臣家は「人たらし」とも評された、強く人を惹きつける力を持った秀吉が集めた、武にも智にも非常に優れた武将達が揃っています。
智に関しては「竹中半兵衛」、「黒田官兵衛」「石田光成」などが特に有名ですが、それぞれ魅力的な人物達であり、彼らなくして豊臣家の天下統一はなかったと言えるでしょう。
また、武に関しては「加藤清正」「福島正則」など、幼少の頃より秀吉が育て上げた、猛将が揃っています。

それでは、以下に豊臣家に仕えた主な武将達をご紹介していきます。

豊臣家

「豊臣」は元々、羽柴と名乗っていた秀吉が改名した事により生まれた姓で、秀吉をはじめ、嫡子である秀頼や秀次、弟の秀長などがその姓を名乗っていました。

竹中家

竹中家には少数の手勢のみで稲葉山城を占拠したといわれている、戦国時代屈指の軍師・竹中重治(半兵衛)がいます。重治は秀吉の出世に大きく関わっており、竹中重治の存在がなければ、秀吉の天下取りに続く道筋は作られなかったと言えるでしょう。

黒田家

黒田家には竹中半兵衛亡き後、秀吉の軍師として、手腕を発揮した天才軍師・黒田官兵衛や、息子の黒田長政がいます。この二人の人物は武将としての性質は異なりますが、それぞれ優秀な武将であったと言えるでしょう。

その他

アクセスランキング TOP10