東海地方の武将「戦国時代 Information」

東海地方の武将

東海地方の武将達

このページでは主に東海地方に勢力を誇った大名またはそれに仕えた武将達などをご紹介しています。
東海地方の大名といえば、戦国時代を代表する武将である、「織田信長」「徳川家康」がいます。織田信長は現在の愛知県、尾張にて勢力を誇り、武をもって天下を治めるという考えである「天下布武」を唱えました。この天下布武の解釈には古代中国の古典である春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)の一節を引用したとの説もありますが、こちらは「暴力を禁ずる」「戦いを収める」など、その後の信長の行動とは相反するものなので、この説は現実的に考えてありえないと思われます。
また、後に天下を治め、徳川幕府を開いた徳川家康は現在の愛知県東部に位置する三河の岡崎城で独立した事から戦国大名となり、戦国屈指の強国を作り上げていきました。

それでは、以下に東海地方の武将達を五十音順で掲載しておりますのでご覧ください。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

尚、同じく東海地方の出身である「豊臣家」の武将は近畿地方のカテゴリでまとめています。これは秀吉が大阪城を本拠とし、天下を治めた事に由来します。(※こちらの東海地方のカテゴリでは豊臣秀吉は羽柴秀吉の名で織田家の武将として掲載しています。)
東海地方にはその他にも今川義元で有名な今川家や、マムシの道三と呼ばれた斉藤道三などがおり、戦国屈指の激戦区であった事が伺えます。
アクセスランキング TOP10