武田家の武将「戦国時代 Information」

武田家の武将

武田家に仕えた武将達

武田家は甲斐という、米が国力の基盤とされた当時、あまり恵まれていない地域を本拠とした大名でありながら、戦国最強とも称された騎馬軍団を組織した、まさに武田信玄をはじめとする優秀な武将達の手によって作り上げられ、人の力によって大きく成長した大名家だと言えます。
この武田家には有名な武田十二将と呼ばれた「山県昌景」「高坂正信」「馬場信房」「山本勘助」などがおり、群雄割拠の戦国時代という歴史の中において、大きく名を残した優秀な武将達がいました。

武田家

武田家といえば、戦国時代屈指の知名度を誇る、風林火山でも有名な「武田信玄」ですが、戦国時代にはその他にも信玄の父である「信虎」、息子の「義信」、「勝頼」などがいます。

山県家

武田家の武将として、まず頭に浮かぶのが武田家の筆頭武将でもあり、最強の騎馬軍団を率いた「山県昌景」があげられます。
この山県昌景は旧名を飯富源四郎と言い、兵士全員を朱色の甲冑で揃えた「赤備え」でも有名です。また、兄である飯富虎昌は武田家の宿老をつとめました。

山本家

武田家の軍師で川中島の戦いにて「啄木鳥戦法」を提案した事でも有名な山本勘助ですが、架空の人物であったという説もあり、高齢で武田家の武将になった事など、大変、謎の多い人物だと言えます。
アクセスランキング TOP10