島津家の武将「戦国時代 Information」

島津家の武将

島津家に仕えた武将達

島津家は薩摩(現在の鹿児島県)の戦国大名として有名ですが、その起源は鎌倉時代初期に惟宗忠久が島津荘の惣公文となって、島津姓を名乗った事が始まりだとされています。
戦国時代においての島津家は「貴久」「義久」「義弘」が特に有名で、島津家の力は九州内では納まらず、豊臣秀吉の九州征伐の際は四国の雄、長宗我部家を打ち負かすなど、個性派揃いの九州の戦国大名の中でも抜きん出た存在だったと言えるでしょう。

それでは、島津家に仕えた主な武将達を以下にご紹介していきます。

島津家

島津家といえば島津義久、島津義弘の二人の兄弟が最も有名かと思われますが、その他にも「家久」などの名将が揃っており、層の厚い一族だと言えます。
一時は九州の全域を手中に治めた島津家でしたが、豊臣秀吉の九州征伐によって、新たに得た領地は奪われ、元の薩摩一国の大名となりますが、薩摩においてのその影響力は大変、大きく、江戸時代においても薩摩藩主として、島津家は脈々と続いていきました。

伊集院家

伊集院家には島津家の軍師として活躍したと言われる、伊集院忠朗(いじゅういんただあき)や島津義久の家老として有名な伊集院忠倉(いじゅういんただくら)などがいます。
しかし、この伊集院家は忠棟(ただむね)の代になると島津家と不仲になり、忠棟は非業の死を遂げる事となります。

種子島家

戦国時代において種子島と聞いて、まず頭に浮かぶのが「火縄銃」だと思いますが、その火縄銃に製造に成功したのが、種子島時堯(たねがしまときたか)です。それ以来、その鉄砲は「種子島銃」と呼ばれるようになりました。

その他

アクセスランキング TOP10