毛利家の武将「戦国時代 Information」

毛利家の武将

毛利家に仕えた武将達

毛利家は一介の国人衆であった毛利家を大大名へと成長させた謀略の天才とされる毛利元就が作り上げた家だと言っても過言ではないでしょう。
毛利家と言えば、一本やは簡単に折れるが、三本になると矢は簡単に折れないという「三本の矢」のエピソードで有名ですが、そのエピソードの元となっているのが「毛利家」、「吉川家」、「小早川家」の三つの家であり、この三つの力が合わさった事で毛利家は中国地方を統一できたと言えます。

それでは、以下にその三本の矢の三つの家を始めとする、毛利家に仕えた代表的な武将達をご紹介していきます。

毛利家

毛利家は初代とも言える毛利元就が名門の出であり、大大名でもあった大内家を滅ぼし、更に尼子家を打ち倒すなどの活躍によって大躍進した家ですが、元就の死後は孫の輝元が毛利家を継ぎ、その後は様々な困難が毛利家に降りかかりました。

吉川家

吉川家は負け戦を経験した事が言われる大変、戦上手な武将であり、三本の矢の一角でもある吉川元春がいます。また、元春の後をついだ元長は関が原の戦の後、石高を全て失ってしまった主家である毛利家に対して、石高を分け与えるなど、大変、律儀な性格の人物としても知られています。

小早川家

小早川家と言えば、関が原の戦いで西軍を裏切った小早川秀秋が有名ですが、毛利家を支えてきた武将として、まず名前が挙がるのが小早川隆景です。
隆景は文武に優れたバランスの良い名将だったとされています。
アクセスランキング TOP10