愛姫(めごひめ)「戦国武将・戦国大名」

愛姫めごひめ

愛姫
生没年
永禄11年?~承応2年
1568年?~1653年
家譜
父・田村清顕
母・於北
夫・伊達政宗
子・五郎八姫(いろはひめ)、忠宗、宗綱、竹松丸
生涯
愛姫は伊達政宗の正室として名の知れた人物ですが、実は平安時代の武官・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の子孫であり、元々、東北に居を構える大名家のひとつ、田村家の娘でした。しかし、父親に男子が生まれなかった為、愛姫に次男が生まれた際は田村家の当主として迎えるという約束のもと、西暦1579年、愛姫12歳の時に伊達政宗の元に嫁いだのでした。

しかし、結婚直後に政宗の暗殺未遂事件がおこり、その事件に愛姫の侍女が関与していたとされた事から、政宗と愛姫の関係は新婚早々、ぎくしゃくしたものとなってしました。
このような事件に巻き込まれた愛姫でしたが田村家の未来を背負っているという自覚の元、積極的に政宗との関係改善に努め、その思いが政宗にも通じたようで、なんとか関係を修復する事ができたそうです。
関係改善後の二人の関係は良好なものとなり、4人の子宝にも恵まれ、幸せな結婚生活を過ごしたとされています。

その後、豊臣秀吉による天下統一が成されると愛姫は人質として秀吉のもとに送られますが、愛姫は残った政宗に対して「私の事はお気になさらないでください。匕首は常に懐にあります。変事の際も辱めは受けません」と、命を捨てる覚悟を手紙にて政宗に示し、政宗の判断が乱れぬように心遣いを示したのでした。このような愛姫の姿勢に対し、政宗はいたく感心し、のちに正宗が愛姫のもとに訪れた際には愛姫を上座に据えて、三間(5.4メートル)下がって挨拶したと伝わっています。

夫である政宗が死去すると愛姫は瑞巌寺(ずいがんじ)の雲居禅師に帰依し、剃髪して陽徳院と名乗るようになります。
その後、愛姫は1653年に江戸にて死去。享年86歳。
アクセスランキング TOP10