九州地方の武将「戦国時代 Information」

九州地方の武将

九州地方の武将達

このページでは主に九州地方に勢力を誇った大名またはそれに仕えた武将達などをご紹介しています。
九州地方は戦国末期には一時、九州の半分以上を治めた島津家をはじめ、キリシタン大名として有名な大友家、有馬家など、他の地方にはあまりみられない特色を見てとる事ができます。
また、九州中部、北部に勢力を誇った龍造寺家は、同家の最盛期を作り上げた龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)が討ち死にした後は、龍造寺家の重臣であった鍋島直茂(なべしまなおしげ)が実権をもつ事となり、龍造寺家は滅亡。その後は鍋島家が存続していく事となります。
その他にも島津家と争った日向(現在の宮崎県)に地盤を持つ伊藤家は島津家に所領を奪われるも、その後は豊臣秀吉に仕え、関が原の戦いにおいては徳川家康率いる東軍につくなどした為、日向飫肥藩の藩主として、その後も残っています。
変わった所では、他家の台頭により、一度は衰退した有馬家が、子孫達は越前丸岡藩(福井県越前市)の藩主として九州以外の地方で生き残るなどしています。

それでは、以下に九州地方の武将達を五十音順で掲載しておりますのでご覧ください。

ア行

サ行

タ行

ナ行

九州地方の雄と言えば、やはり島津家でしょう。島津家は薩摩という特に豊かとは言えない土地にありながら、戦の強さが光った事で九州内では大きな存在感を持ちました。
また、九州北部、中部に勢力を誇った島津家のライバルとも言える大友家は最盛期とつくった大友宗麟(おおともそうりん)の嫡子である大友義統(おおともよしむね)の代で朝鮮出兵の際の失策を理由に除封となり、関が原の戦いの際には戦いに乗じて軍を率いた黒田如水(くろだじょすい)に敗れるなど、致命的な失敗を繰り返す事となりました。
アクセスランキング TOP10