甲信越地方の武将「戦国時代 Information」

甲信越地方の武将

甲信越地方の武将達

このページでは主に甲信越地方に勢力を誇った大名またはそれに仕えた武将達などをご紹介しています。
甲信越地方の大名といえば、越後の龍と呼ばれた「上杉謙信」、甲斐の虎と呼ばれた「武田信玄」などが特に有名ですが、その他にも真田昌幸、真田幸村親子を排出した真田家や、猛将、村上義清のいる村上家など、様々な有力大名達が混在していました。
真田家といえば、関が原の戦いにおいては徳川秀忠を足止めし、大阪の陣でも活躍した事でも有名ですが、戦国時代に興味のない方でも「真田十勇士」などで人気があるようです。
また、村上家は一度は武田信玄に所領を奪われ、一族も離散してしまいますが、義清の子である国清が山浦氏を継承し、村上家時代の旧領を取り戻す事に成功しました。

それでは、以下に甲信越地方の武将達を五十音順で掲載しておりますのでご覧ください。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ヤ行

甲信越地方には畠山家という室町幕府においては越中、河内、紀伊の守護を務めた名家の大名が能登に勢力を誇っていましたが、戦国時代という弱肉強食の時代においては、家柄などはあまり意味を成さず、軍神の異名を持つ、上杉謙信にあえなく滅ぼされてしまいます。
また、この能登の畠山家の嫡流にあたる二本松畠山家は奥州の雄、伊達政宗の手によって滅ぼされる事となります。
この名家があえなく、滅ぼされていったという出来事は戦国時代は才あるものが駆け上っていく、下克上の時代である事を如実にあらわしていると言えます。
アクセスランキング TOP10