関東地方の武将「戦国時代 Information」

関東地方の武将

関東地方の武将達

このページでは主に関東地方に勢力を誇った大名またはそれに仕えた武将達などをご紹介しています。
関東地方といえば、北条早雲(ほうじょうそううん)から五代に渡って関八州に勢力を誇った「北条家」が筆頭格だと言えるでしょう。この北条家においては三代目の北条氏康(うじやす)、四代目の北条氏政(うじまさ)などが特に有名で、この頃は越後の上杉家、甲斐の武田家などの好敵手であり続けました。その他の関東の有力大名としては伊達家と激しい争いを繰り広げ、清和源氏という名門の出である「佐竹家」などがあげられます。佐竹家は豊臣秀吉の政権下においては五十五万石を保持した大名です。
次にあげられるのは同じく清和源氏の出である「里美家」でしょう。北条家と争い続け、最終的には改易されましたが。徳川幕府の時代まで存続する事に成功しました。

それでは、以下に関東地方の武将達を掲載しますのでご覧ください。

あ行

さ行

た行

は行

戦国時代における関東地方の大名として、「徳川家康」を思い浮かべる方も多いと思われますが、徳川家康は元々、三河の大名である為、当サイトでは東海地方の方でご紹介しています。
また、徳川家康が治める以前の江戸はそれほど、大きな都市ではありませんでした。
それを徳川家康が埋め立てや開拓などの政策を行い、現在の東京にあたる「江戸」を当時としては世界屈指の人口100万を越える、大都市へと成長させました。
アクセスランキング TOP10