冬姫(ふゆひめ)「戦国武将・戦国大名」

冬姫ふゆひめ

冬姫
生没年
永禄4年~寛永18年
1561年~1641年
家譜
父・織田信長
母・不詳
夫・蒲生氏郷
子・籍姫、秀行
生涯
冬姫の父である織田信長は思いつきで直感的に名前をつける事が多かったようで、冬の季節に生まれた子であるという理由で冬姫と名づけられたと言われています。

父・織田信長が斉藤家を倒し、美濃を手中に入れた後、その斉藤家と同盟関係にあった近江の六角氏にも攻撃を開始し、これを打ち破りますが、その翌年に六角家の家臣であった蒲生賢秀(がもうかたひで)が信長に臣従する姿勢を見せ、賢秀は息子である蒲生氏郷(がもううじさと)を人質として送ってきます。
これを快く受け入れた信長は人質として送られてきた、当時、14歳の少年であった氏郷に只ならぬ才気を見出し、将来を見越して自身の娘と婚姻を結ぼうと考えます。この際、相手として選ばれた娘こそが冬姫であり、当時、9歳であった冬姫は蒲生氏郷の元へ嫁ぐ事となります。
尚、この婚姻については氏郷が優秀であった事は勿論ですが、六角家の所領を円滑に治めるという信長の狙いもあったと言われています。

その後、氏郷は信長が見越した通り、文武両道の名将となり、茶の湯に関しては千利休の高弟なる程の文化人でもあり、戦場においては先頭に立って戦うなどした事から戦国時代の武将の鑑と言われる程の勇猛果敢な武将へと成長します。
多方面に才能を見せた氏郷と冬姫の間には一男一女が生まれ、夫婦仲も良好であったと言われています。

しかし、夫である氏郷が40歳という若さで亡くなると、事態は急変し、この時、35歳になっていたがその美貌は衰えてなかったと言われる冬姫に天下人である秀吉が言い寄ってきます。冬姫は出家する事でこれを拒否しますが、拒絶された事に怒った秀吉は、新しく蒲生家の当主となった息子・蒲生秀行(がもうひでゆき)を宇都宮12万石をへと左遷してしまいます。
その後、秀行は父親と同じように早世した上に後を継いだ冬姫の孫達も相次いで死亡していき蒲生家は家を継ぐものがいない状態となります。

蒲生家の男子が次々と死亡していく中、冬姫は81歳という長寿を全うした事から、皮肉にも蒲生家の断絶していく様をその目で見届ける事となってしまったのです。
アクセスランキング TOP10