戦国時代のコラム「戦国時代 Information」

戦国時代のコラム

戦国時代においては現在も残る、毛利元就の兄弟の結束を促した「三本の矢」のエピソードや、上杉謙信が武田信玄に対して塩を送った事で「敵に塩を送る」などのことわざも生まれました。
その他にも豊臣秀吉が小田原征伐を行った際に北条家の重臣達の意見がまとまらなかった事から、現在では「いつになっても意見がまとまらない会議や相談」を差して「小田原評定」と呼ぶようになりました。
このように戦国時代には数多くのエピソードが残っており、今を生きる私たちの教訓にもなっていますが、このページではそのような有名な話は本当にあった話なのかと言った検証や、ちょっとした気になる情報などをまとめたコラムをリスト化しました。
それでは以下に戦国時代のコラムをご紹介します。

戦国時代のコラムリスト

内容準備中
一般的なイメージでは比叡山の焼き討ちなどで恐ろしいイメージが定着している織田信長ですが、側室である「吉乃」には非常に優しかったと言われています。
それをあらわすエピソードとして、吉乃の為に小牧山城に御殿を建て、吉乃が死んだ際には見晴らしの良い場所に吉乃を弔う為の立派な墓を建てたというものがあり、そのエピソードはインドの皇帝シャー・ジャハーンが愛する妻・ムムターズ・マハルが亡くなった際にタージ・マハルを建設した事を彷彿とさせるものでした。
また、信長には24人の子供がいましたが、織田の姓を名乗らせたのは吉乃が生んだ嫡男・信忠と信雄の二人であった事からも信長の吉乃の対する特別な感情を伺い知る事ができます。
アクセスランキング TOP10